ホーム

財団について

奨学金

よくあるご質問

情報公開

プライバシーポリシー

お問合せ

スマホ用メニュースライドボタン

一般財団法人

山村章
奨学財団

Akira Yamamura
Scholarship Foundation

一般財団法人

山村章奨学財団

a

Copyright © Akira Yamamura Scholarship Foundation.org All rights reserved.

ホーム > 財団について

財団の概要

概要

法人名称

一般財団法人 山村章奨学財団

所在地

〒107-0052 東京都港区赤坂二丁目8番13号赤坂こうゆうビル 703号室

TEL

03-6807-4710

FAX

03-6807-4710(TELと同じです)

E-mail

info@yamamura-scholarship.org

理事長

山村 章 ≫「理事長ご挨拶

設立日

令和3年1月18日

目的

学業優秀でありながら経済的な理由により学費の支弁が困難な工学系学部に在籍する大学生に向けて奨学金を給付することで、将来社会に貢献し得る有為な人材の育成に寄与すること

事業内容

工学系学部に在籍する大学生に向けた奨学金の給付

法人名称 一般財団法人 山村章奨学財団
所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂二丁目8番13号赤坂こうゆうビル 703号室
TEL 03-6807-4710
FAX 03-6807-4710(TELと同じです)
E-mail info@yamamura-scholarship.org
理事長 山村 章 ≫「理事長ご挨拶
設立日 令和3年1月18日
目的 学業優秀でありながら経済的な理由により学費の支弁が困難な工学系学部に在籍する大学生に向けて奨学金を給付することで、将来社会に貢献し得る有為な人材の育成に寄与すること
事業内容 工学系学部に在籍する大学生に向けた奨学金の給付
 

ご挨拶

山村理事長 このたびのコロナウィルスによる世界的なパンデミックの犠牲に遭われた皆様に心から哀悼の意を表します。
ところで、今回のパンデミックで、大志を抱いた若人たちが、経済的な理由から修学を諦めざるを得ないというニュースを日々目にし、私自身、大変に憂いています。
なぜ、将来に夢を抱いた若人たちが、学ぶことを諦めねばならないのでしょうか? 
私は、1965年に、大学を卒業したばかりの英語もろくに話せない一介の若者の身分で、無謀にも片道切符で単身渡米し、ノース・イースタン大学に留学しました。
資金も、コネもない中、右も左もわからず無我夢中でしたが、回りの人々に支えられて何とか卒業できました。今の私があるのは、そのときのご支援があったからです。
そして、今、こんどは私が社会にお返しする番になりました。
日本には資源がありません。でも、「ものづくり」の確かな技術と人材はあります。
それゆえ、将来、社会に夢と活力を与える有為な工学系学生に少しでもサポートしたいという気持ちからこのたび奨学財団を立ち上げました。
ぜひ、本財団へのご理解ならびにご支援を賜りたく何卒宜しくお願い申し上げます。

一般財団法人 山村章奨学財団 
理事長 山村章 

Copyright © Akira Yamamura Scholarship Foundation.org All rights reserved.